About

Takkiduda (タッキドゥーダ)

Takkiduda’s performance is always all improvisation. We record various sounds in real time, and make music by overlapping sounds in improvisation.And in response to the music that was born, And Norihiko moves the body and the image is projected on the stage.Takkiduda’s performance of that day is born. It is a spontaneous expression.

We use voice, electric guitar, synthesizer, laptop, keyboard harmonica, small musical instruments, toy, enviromental sounds from our life and nature, and more.

Our performances are different each time we are on stage. We play what we feel in the moment led by our instincts.

Our hope is to have you sit back and experience the sounds naturally turning into music.

Takkidudaは多種多様な音をリアルタイムで録音し重ね、完全即興で曲を構築していくという実験的なスタイルで演奏する。 プログラミングによって生み出したQurukuとIcoの二人は人間の意図とは離れた所で自由に録音・再生する。彼らが加わる事でより偶発的で不確定要素に満ち溢れた音楽となる。そして音楽に合わせ即興で映像を映し出し「空間を体感する」という視点での作品創りを試みている。

さらに、NORIHIKO(俳優・パフォーマー)の身体表現や松村尚志(音作家/DJ/プロデューサー)などの様々なアーティストとコラボレーションし、Takkidudaの世界観の可能性を広げている。 音と動きと映像が絡まり合い空間が生まれていく、一度限りの自然発生表現。

山梨県上野原市棡原を拠点に、東京都内を中心に国内外で活動。